加冶田刀剣 直江兼久(改 藤原正明)作品展示

加冶田刀剣タイトルロゴ

美濃の刀匠 直江兼久(改 藤原正明) 藤原正也作品

直江兼久(改 藤原正明)作品集

 

刀匠、直江兼久(改 藤原正明) 正也制作、現代刀作品集

新規に制作を希望される方はメールフォームより、気軽にご質問ください。

直江兼久(改 藤原正明)

打 刀

 全長 73cm 刃文 一筋樋  製作年代 平成15年 
 南北朝美濃伝

 

直江兼久(改 藤原正明)

打 刀

 浅めの腰反り 全長 80cm  元幅 3.8cm

直江兼久(改 藤原正明)

拵 え

朱、黒漆仕上げ、普段、保存するには別途白鞘を用意し、白鞘にて真剣を保存しておきます。

 

 

 

直江兼久(改 藤原正明)

太 刀

鎌倉期の大振りな太刀の写し。

 

 

直江兼久(改 藤原正明)

太 刀

太刀 全長 73cm 刃文 反り 2.1cm

銘 御護濃州住正明作之

直江兼久(改 藤原正明)

懐 剣

 小型のものは主に女性向き。結婚式の打掛姿のさい、胸元に差して正装します。

大きなサイズは主に男性向きの懐剣です。匕首とは本身の形状、使用目的も違っています。

直江兼久(改 藤原正明)

脇 差 し

刃長 35cm 元幅 3.9cm 反り0.3cm

 

直江兼久(改 藤原正明)

短刀

上段 刃長 26.7cm  反り なし 銘 正明

下段 潤漆塗出鮫合口拵

直江兼久(改 藤原正明)

打刀

刃長 75cm 元幅 3.8cm 反り2cm

 

直江兼久(改 藤原正明)

打刀

上段 刃長 75cm 元幅 3.6cm 反り 1.6cm

下段 刃長 73cm 元幅 3.5cm 反り 1.8cm

 

直江兼久(改 藤原正明)

太刀

上段 刃長 80cm 元幅 3.7m 反り 2.0cm

下段 刃長 77cm 元幅 3.7cm 反り 2.2cm

 

直江兼久(改 藤原正明)

太刀

上段  茶色天正風拵え
下段 刃長 72cm 元幅 3.8cm 反り 1.8cm

 

直江兼久(改 藤原正明)

太刀

上段  刃長 72.5cm 元幅 3.7cm 反り 1.7cm
下段  朱塗り鞘天正風拵え

 

直江兼久(改 藤原正明)

短刀

上段  鳳凰蒔絵入り黒合口拵え
下段  刃長  28.5cm

 

直江兼久(改 藤原正明)

太刀

上段  刃長 22cm 
下段  黒螺鈿箔巻塗り合口拵え

 

直江兼久(改 藤原正明)

短刀

上段  上段 刃長 27cm 元幅 2.8cm  
下段  黒螺鈿箔巻塗り合口拵え

 

直江兼久(改 藤原正明)

短刀

上段  刃長 22cm 元幅 2.7cm 
下段  赤茶変わり塗り合口拵え

 

直江兼久(改 藤原正明)

短刀

上段  刃長 21cm 元幅 2.6cm 
下段  鮫巻鞘出鮫合口拵え

 

直江兼久(改 藤原正明)

短刀

上段  正也 黒出鮫合口拵 
     刃長 25cm 元幅 cm 

下段  正明 黒塗 鳳凰蒔絵鞘合口拵え
     刃長 27cm 元幅 cm 

 

直江兼久(改 藤原正明)

短刀

上段  正也 出鮫鞘研出し合口拵 付き
     刃長 21cm 元幅 cm 

下段  正明 黒貝散らし 塗出鮫合口拵え
刃長 22cm 元幅 cm 

 

直江兼久(改 藤原正明)

太刀

上段 刃長 78cm 元幅 3.7m 反り 2.0cm
下段 刃長 75cm 元幅 3.7cm 反り 2.3cm

 

直江兼久(改 藤原正明)

薙刀

全長 46cm 元幅 2.8mm 反り 2.0cm

 

直江兼久(改 藤原正明)

十字槍

全長 17cm 

 

直江兼久(改 藤原正明)

打刀 短刀

上段 打刀 刃長 75cm 元幅 3.6cm 反り 1.8cm
下段 短刀 刃長 25cm 元幅 2.8cm 

 

直江兼久(改 藤原正明)

打刀

上段 刃長 74cm 元幅 3.6cm 反り 1.8cm
下段 刃長 72cm 元幅 3.5cm 反り 1.6cm

 

刀匠、直江兼久(改 藤原正明)所蔵

展示刀の購入を希望される方はメールフォームより、気軽にご質問ください。

直江兼久(改 藤原正明)コレクション

打刀拵

全長 108cm 

 

直江兼久(改 藤原正明)コレクション

打刀拵

全長 110cm 
在銘 制作年代 室町末期

 

直江兼久(改 藤原正明)コレクション

打刀拵

刀身刃長 70cm 幅 3.1cm
拵え全長 105cm

 

直江兼久(改 藤原正明)コレクション

薙刀

上段  薙刀拵え 全長 220cm 
下段 薙刀刃長 45cm   在銘 江戸中期頃の作

 

直江兼久(改 藤原正明)コレクション

脇 差 し

上段 こげ茶変わり塗り大小拵え 全長 105cm
下段 同 小刀 全長 75cm   在銘 江戸中期頃

 

直江兼久(改 藤原正明)コレクション

打刀

上段 刃長 73cm 幅 3.2cm,
下段 刃長 72cm 幅 3.1cm

 

直江兼久(改 藤原正明)コレクション

打刀

全長 80cm 

直江兼久(改 藤原正明)コレクション

太刀

上段 刃長 70cm 
下段 太刀拵え全長 100cm

 

直江兼久(改 藤原正明)コレクション

打刀

南北朝刀姿
左文字一門 無銘(左弘安)認定書付き

 

直江兼久(改 藤原正明)コレクション

打刀

江戸時代中期
平安城藤原守國 保存鑑定書付き

 

 

  第23回東海現代刀匠刀剣展

51回関はもの祭り

東海現代刀匠刀剣展出品者
23回現代刀匠刀剣展

 

本物志向触日本刀文化
古式日本刀鍛錬実演見学会
本当の日本刀文化に触れてみませんか?

s

最近の日本刀ブームはいままでと違って女性が登場し、歴史好きが高じて歴女から発展し日本刀女子なる新語ができるまでになってきました。.
当サイトにもすでに何人もの女性の方からの見学やお問い合わせをいただいています。

そこで広く皆様に本物の日本刀文化に触れていだけるような機会をつくる為に、出前講座、小刀作り等の企画にもお応えできるようにしました。

詳しくは下記要領をご覧いただきご連絡ください。

1 古式日本刀鍛錬実演見学会(伝承館)
本物志向日本刀展案内
鍛錬体験詳細

刀匠4,5名による日本刀鍛錬実演、
大槌体験、鞴(ふいご)体験
伝承館案内 
1〜2時間程(要予約 伝承館手配はこちらでします)

撮影用正装着衣(要応談)

2 鍛錬体験及び小刀作り体験(加治田刀剣工房)
2
打ち粉体験

日本刀鍛錬実演見学、
日本刀外装工程見学(研ぎ、鞘作り、白銀師)
鎌倉、南北朝、江戸、現代 各時代の日本刀を実際に手に取り見分けかたの学習
打ち粉を打つ意味と打ち粉の打ち方の学習
日本刀と同じ工程による小刀作刀体験
燻竹を素材にした笄、小柄作成体験(10名まで)
1〜3時間程度、半日コース、一日コース(電話にてお問い合わせください)

最近の傾向として、本物の日本刀を触ってみたい、打ち粉を体験してみたいという若い女性が増えて当工房にもお問い合わせをたくさんいただいています。



3 その他(出前講座等)
3
出前講座実演

出張出前講座
研修会、講演など、作品刀を持参して解説します。
出張出前日本刀鍛錬実演
移動式鍛錬火炉設置の上鍛錬公開展示可能

090-2263-3191 吉田研
090-5872-1963 吉田正也
0574-54-2619 自宅


日本刀制作・修理の問い合わせ

登録済みの現代刀や、伝来の時代刀(古刀、新刀、新々刀)でサビの発生した刀身をそれぞれ、白銀師、鞘師、研ぎ師、塗師、柄巻き師等の専門家による修理のご相談にも応じております。各専門家によって見違えるような仕上がりになり十分に鑑賞できる状態となるはずです。これらのことでお困りの方はメールフォームより、吉田研までお問い合わせください。その他、新規現代刀、居合い刀、お嫁入り打掛姿に使用する懐剣の制作依頼も承ります。

 

 

 

プロフィール | サイトマップ | アクセス |  ©2008 直江兼久(改 藤原正明)