加冶田刀剣

加冶田刀剣タイトルロゴ

プロフィール

吉田研正明 

                              関伝日本刀鍛錬技術保存会 刀匠部会長

昭和48年4月

     父 吉田政夫(刀匠銘 正明(初代)) のもとにて刀剣工作、修理の全般に渡り修得する

昭和54年7月

     父 亡き後 叔父 大野正巳(刀匠銘 兼正)のもとにて刀剣鍛錬技術を深める

昭和63年

     技術が認められ、文化庁の定める 現代刀匠資格を取得する

平成元年

     新作刀展覧会 新小品展 に初出品作品が入選する
     以降毎回入選を果たす

平成18年

     この年より始まったお守り刀展にて入選 この年以降毎回入選を果たす

平成22年

    「全国豊かな海つくり」を記念して長良川の砂鉄を原料として太刀を作成し一部を関市へ寄贈

 

銘   濃州住正明之 吉田劒藤原正明作 
    於御野国半布里正明 之  直江兼久作
    劒 兼久

 

 



吉田 政也 正也

平成 12年7月

     加治田刀剣工房にて父(2代 正明)のもと、刀剣製作、鍛錬技術を修得する

平成17年

     文化庁美術刀剣刀匠技術保存研修会 合格

平成19年

     平成19年度新作刀展覧会 お守刀展覧会初入選


銘   濃州住正也作  正也作之 美濃国正也作之


正明、正也 作風

伝法

     美濃伝 相州伝 新刀特伝(国廣 清麿)等

作り込み

     本三枚 四方詰 折り返し三枚 甲伏せ等

刃紋

     互の目 丁子かぶり のたれ 直刀 皆焼(ひたつら)等

種目

     太刀(直刀) 大太刀 刀 脇差 短刀 剣 なぎなた等
     白鞘入刀 外装拵付き刀 お守り刀 嫁入短刀等

 

プロフィール | サイトマップ | アクセス |  ©2008 直江兼久(改 藤原正明)