加冶田刀剣 日本刀の制作行程

加冶田刀剣タイトルロゴ

日本刀の豆知識

ことわざに現れた日本刀

 日本刀の歴史の長さ、および、日常に根ざした武器である証左として、日本刀製作現場や刀に由来することわざが多くあり、いまでも一般的に使われています。

             
  
トンチンカン

相槌をうつ

相槌を打つとは鍛錬で師匠の打つ槌に合わせて弟子が槌を入れること。あいの槌、向かいの槌。転じて、相手の話に調子をあせてする応答のこと。

 

セッパ画像

切羽つまる

  切羽とは左に示す、日本刀の刀身の鍔を固定するために、鍔の両側から挿入する金具のこと。これが決まると鍔が微動さえしなくなることから、退路が詰まってどうにも動きが取れなくなるさまを切羽つまるというように表現するようになった。

しのぎ

しのぎを削る

  しのぎとは日本刀を形づくる形状のことで、刀身の身幅の中央が中高になった部分を指し、刀身に沿ってきれいな曲線を表しています。刀で斬りあうような激しい戦闘になったとき、このシノギの部分が互いに交差し、しのぎ部分を削るような形で応戦することから、シノギを削る戦いというように激しい白兵戦の状況を表す言葉となったもの

鍔迫り合い

  シノギを削るような激しい個人戦になって、互いに刀を鍔で受け止め、押し合うような戦闘の状況を表し、相手を何とか押さえ込もうと奮闘するさまを鍔迫り合いというようになったもの。

 

トンチンカン

頓珍漢

 師匠と弟子の槌音の響きを表す擬音がその由来とされ、トンテンカンと聞こえる槌音が調子が外れたときにトンチンカンと聞こえたことから、物事の調子はずれを意味する言葉となったようです。

目貫き通り

表通りのもっとも華やかな通りを目抜き通りといいますが、目貫きとは刀の柄(取手部分)に施された装飾的な金具を指します。刀は武士の魂と言われ武将も刀の細部に金をかけて飾り立てた様子が伺えます。近世では装飾化して目に付きやすい位置に飾ることを空目貫きなどとも言います。

折り紙を付ける

折り紙とは刀の鑑定書のことを指し、折り紙付きなどといい、本物であることを証明するいわば保証書付きであるとことを意味しています。
現代では。折り紙ではなく鑑定書(写真後ろ)がその役目を果たしています。

平成30年
日本刀打ち初め式

  1. 日時 平成30年1月2日
  2. 場所 春日神社、関鍛冶伝承館(福引は茶屋の前)
  3. 日程
     9;30 修祓の儀
       ※福引整理券配布開始(濃州関所茶屋前)

    10;;00 打ち初め式(春日神社仮設鍛錬場)

    10;10 一般公開(春日神社仮設鍛錬場)

    10;15 仕事始め式(関鍛冶伝承館)

    11;00 福引(濃州関所茶屋前)

    12;00 終了

 

公開内容

  火入れ(火熾し)
    横座が小槌で軟鉄を打ちつけ木に火を点ける儀式

   玉ヘシ
    玉鋼(上質和鋼)を大槌で薄く打ち延ばす作業

   折り返し鍛錬実演 
     報道関係向け公開
     一般公開

 

  

平成30年福引会場
平成30年福引会場


※画像をクリックして詳細をご覧ください。

 


プロフィール | サイトマップ | アクセス |  ©2008 藤原正明