日本の刀鑑賞の要点

加冶田刀剣タイトルロゴ

日本刀の鑑賞の要点

日本刀は世界に類をみない美しい武器であり、古くよりその鑑賞の要点が指摘されています。

ここでは刀匠藤原正明による日本刀鑑賞の要点、注目点を主に初心者を対象に解説していきます。

反り、幅、厚み

反りは時代によって大きく変わり、概して時代が古くなるほど反りが大きくて太刀(たち)と呼ばれています。南北朝を境に反りが浅く変化し、打刀(うちがたな)と呼ばれます。その反りの変遷は美意識の変化と言うよりはその時代の戦法により適した反り具合が求められて変遷してきたものと考えられています。例えば奈良、平安期は個対個による戦闘であり、甲冑をも断ち切るべく直刀(平安初期)から厚みと反りのある太刀(平安)へと変化し、さらに元寇(鎌倉)による集団戦を経験した後は大鎧を断ち切る太刀形状より刺突に適した笠木反りと呼ばれる反りの浅い形状へと変化していきます。刀身幅と反りは鑑賞のポイントといえるでしょう。

刃文(互の目・ぐのめ、丁字・ちょうじなど)

 刃文は土置きによってその形が決まり、たとえば直刃、互の目、丁字などに分類されます、さらに細かくみて行くと、各刀匠独特の形状例えば関の孫六の三本杉などと呼ばれる特徴的な刃文を表していることがあり、刃文は流派に伝統的に受け継がれることから、作者鑑定の重要なポイントとなっています。・・・・・左写真は湾(のたれ)刃文型

刃文(沸でき、匂いでき)

この刃文部分にはさらに細かくみて行くと、「沸(にえ)でき」と「匂いでき」の2つに大別された鑑賞ポイントがあります。これは刃文部分の粒子の見かけ上の荒さを表現する日本刀独自の呼び方です。「沸でき」とは刃文部分の地の粒子が比較的あらく、肉眼ではっきりととらえることができるものであり、反対に匂いできとは刃文部分の組織の見かけの粒子が沸できより細かなものをいいます。どちらが優れているということではありませんが、刀匠の特徴を示す重要な要素として鑑定のポイントとなっています。

匂いでき

さらには焼き入れの際の土置きによって、足と呼ばれる、刃文の縁辺より刃先に向かってほぼ直角にはいる線状の焼き入れ瘢痕が認められます。これもまた刀匠を特定する重要なポイントであり刀の鑑賞ポイントの1つとしてあげられるでしょう。もっともこれら、匂い、沸き、足などは白熱電球に透かしてみて初めて存在がわかる程度のかすかな特徴であり、これを判別できるようになるまでは相当の鑑定訓練を要します。

鑑定について

以上上に述べた鑑賞ポイントは白熱電球に斜め方向からかざしてみて初めてその存在が認定できるほど、かすかな現象であり、その存在をより際だたせるために、打ち粉、懐紙による、付着油分の除去等が必須事項となります。映画などで打ち粉をして刀の手入れをしているシーンを見かけますが、これは単に刀を保護するために行うばかりでなく、刀の鑑定の前処理として、よりそのかすかな匂い、沸き、足などを見えやすくするために行う作業でもあります。

匂いでき

切っ先

切っ先は戦法の変遷に従って、その大きさと形を変化させています。日本刀の歴史の中で南北朝、桃山江戸初期、そして現代と大帽子と呼ばれる大きな切っ先が好まれた時代が、3回繰り返して出現しています。

そしてまた、切っ先は刀の美的形状を決める要点でもあり、この部分は長辺の刃の部分とは違った磨きかたを施し姿を締めています

 現代刀では切っ先の形状は比較的大きくとる傾向があります。現代刀は実用的な用途としてより、美術品としてその価値をみとめられており、見栄え形、姿の美しさの観点から帽子(切っ先)を大きくとる刀匠がおおいと考えられます。

この他にも造り込み、鍛え肌などの鑑賞する上で注意しておきたいポイントが何点もありますが、いつかまた解説することにしておきましょう。

  お知らせ
 第47回刃物祭

47回刃物まつり
※画像をクリックして詳細をご覧ください。

 詳細

  • 刃物大廉売市
  • じゃんけん大会
  • 古式鍛錬実演
  • 刀剣研磨外装技術実演


  • 関市刃物祭

    刀匠部会作品展

    日本刀の世界展

    ※画像をクリックして詳細をご覧ください。

    とき
    平成26年10月11(土)・12(日)
    10:00〜16:00

    場所
    庭園画廊 山麓
    関市本町7丁目13

  • 入場無料
  • 刀剣の手入れ講座

    古式日本刀鍛錬実演見学(有料)

    有資格刀匠3〜4名による古式折り返し鍛錬実演(正装刀匠衣着用での写真撮影の場合は追加料金)

    内容

  • 刀製作工程説明 
  • 刀剣の見方の簡易解説 
  • 大槌打ち体験 
  • 刀に直接触れてみる 
  • 伝承館展示品の解説

    於 関鍛冶伝承館(関市営古式鍛錬見学場)または
    於 加治田刀剣鍛錬場(50名まで)

    使用する鍛錬場により費用負担に違いがあります

    その他、小刀、ツバ制作体験、専門的な日本刀の見方(鑑定)教室、直接手に取ってみたい方は予約有料にて見学会をお受けいたしております。 お問い合わせは加治田刀剣(吉田研 電話 0574−54−2619)メールフォームからお問い合わせください。


    日本刀制作・修理の問い合わせ

    登録済みの現代刀や、伝来の時代刀(古刀、新刀、新々刀)でサビの発生した刀身をそれぞれ、白銀師、鞘師、研ぎ師、塗師、柄巻き師等の専門家による修理のご相談にも応じております。各専門家によって見違えるような仕上がりになり十分に鑑賞できる状態となるはずです。これらのことでお困りの方はメールフォームより、吉田研までお問い合わせください。その他、新規現代刀、居合い刀、お嫁入り打掛姿に使用する懐剣の制作依頼も承ります。

  • プロフィール | サイトマップ | アクセス |  ©2008 藤原正明